ニュース

両親の世話は相続税を減らす

両親の世話は相続税を減らす


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

BFHにより、手当の考慮が容易になります
(ジュール)。子供が両親の面倒を見ると、相続事由が発生した場合、死亡後も相続税の手当が支給されます。許可は子供がとにかく親を世話するか、サポートすることを法的に義務付けられるという税務署の通常の主張で否定されるべきではありません、ミュンヘンの連邦財務裁判所(BFH)は2017年7月5日水曜日に発表された判決で決定しました(Az。:II R 37/15)。

相続税と贈与法では、相続に対するさまざまな手当が規定されています。配偶者と登録パートナーには、50万ユーロの非課税手当、20万ユーロの孫、10万ユーロの親と祖父母、そして無関係の人々には、2万ユーロの非課税手当があります。

相続税は、これらの手当を超える金額に対して支払われます。これらの手当に加えて、亡くなった遺言者が死ぬ前に定期的に無料で、または不十分な賃金で世話をされていれば、20,000ユーロまでの介護手当も請求できます。

現在決定されている事件では、ニーダーザクセン州の原告も介護手当を主張した。何年もの間、彼女は自費で自宅で介護が必要な母親の世話をしてきました。母親は10年間介護に依存しており、直近では、ケアレベルIIIの後、月額700ユーロの介護手当が支給されました。

母親が最終的に亡くなったとき、娘は相続人と見なされました。遺産には約785,000ユーロの銀行残高が含まれていました。

税務署は娘に手を差し出した。相続税4,865ユーロを支払う必要があります。税務当局は介護手当の考慮を拒否しました。とにかく娘は母親の世話とサポートをする義務があった。非課税手当は、自発的介護に対してのみ請求できます。

BFHは2017年5月10日の判決でこれに矛盾しました。親に対する法定の維持義務は、介護手当の付与を排除するものではありません。また、民法に規定されている親と子の間のサポートと配慮の義務から、子供が一般に個人的なケアを提供する義務があるということにも従いません。ミュンヘンの裁判官によると、介護サービスは通常家族内、特に子供と親の間で提供されるため、このグループの人々が除外された場合、免除規定はほとんど空になるとのことです。

最終的に、立法者は介護サービスの提供に課税することを望んだ。特定の場合のように、長期にわたる集中的かつ包括的なケアサービスが提供されている場合は、発生した費用を個別に証明することなく手当を付与することもできます。テスターがケアを必要としているが、自身の資産のために個々のケースでメンテナンスを行う資格がなかった場合にも、ケア手当を請求できます。

非課税手当を請求できるようにするために、BFHは2013年9月11日に、相続人が原則として提供されるケアサービスを決定的に提示し、それらを信頼できるものにする必要があるとすでに決定しています(Az。:II R 37/12; 2013年11月20日のJurAgenturの発表)。

病気、身体障害、または老齢による助けの必要性で十分です。原則として、80歳以上の人は助けを必要とする人を想定すべきです。ファイル

著者および出典情報



ビデオ: IT宅建令和2年度版相続法改正法16年間過去問題 (六月 2022).