ニュース

評決:民間の健康保険会社はレーザー眼科手術の費用を支払う必要があります

評決:民間の健康保険会社はレーザー眼科手術の費用を支払う必要があります



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

BGH:眼鏡は単なる補助であり、治癒治療ではありません
屈折異常が読書と運転に明らかに影響する場合、民間の健康保険会社はレーザー眼科手術の費用を支払う必要があります。これは、2017年3月30日木曜日に前日に発表された判決でカールスルーエの連邦司法裁判所(BGH)によって決定されました(ファイル番号:IV ZR 533/15)。これは単なる援助であって治療ではないので、保険会社は後から眼鏡に言及することはできません。

ドイツでは毎年約14万回のいわゆるレーシック手術が行われており、その傾向は高まっています。最大8ジオプターの視力障害は、レーザービームを使用して修正できます。

現在BGHによって決定された事件では、バーデンヴュルテンベルク出身の近視眼の女性が彼女を「レーザーで打った」。以前はマイナス3.0およびマイナス2.75ジオプターでした。彼女は民間の健康保険から3,500ユーロの治療費を請求しました。後者は拒否した。

ここでの保険条件は、民間の健康保険会社のモデル条件に対応しています。 「保険事故は、病気や事故の結果のために、被保険者のために医学的に必要な治療である」とそれは言います。

ハイデルベルク地方裁判所から依頼された専門家は、ここでは「病気」について話すことは不可能であると述べました。ある程度の屈折異常は中高年では完全に正常です。国際基準によれば、眼の病的状態はマイナス6.0ジオプターからしか話されません。

したがって、ハイデルベルク地方裁判所および地方裁判所は訴訟を却下した。 BGHはこれらの判決を覆し、原告に同意した。

正当化として、カールスルーエ裁判官は、「医学界での理解」はここでの尺度ではないと強調した。むしろ、重要なのは「平均的な保険契約者の理解」です。

ただし、後者は「通常の視力は症状のない読書であり、道路交通への安全な参加である」と想定しています。これらのスキルが著しく損なわれている場合、保険契約者はしたがって、彼らが病気であると思い込むでしょう。専門家の意見によると、これはここでも同じです。

BGHは保険会社がビルまたはコンタクトレンズに言及できないことを強調した。視覚補助具を着用するのが一般的です。ただし、これらは治癒的な治療法ではなく、「援助のみ」です。保険条件は、保険契約者が代わりに医療補助に頼ることができるかどうかに依存して、必要な医療処置の払い戻しをしませんでした。 mwo / fle

著者および出典情報



ビデオ: 多様点眼内レンズ後の生活ってどうなるのかいただいた質問疑問にお答え (八月 2022).