ニュース

まれな形態のてんかん:3歳の幼児は20回以上蘇生しなければならなかった

まれな形態のてんかん:3歳の幼児は20回以上蘇生しなければならなかった


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

まれな形態のてんかん:母親は娘を20回以上復活させなければならなかった
イギリスの25歳の母親は、3歳の娘を20回以上蘇生させなければなりませんでした。その少女は、珍しいてんかんの一種であるいわゆるドラベット症候群に苦しんでおり、発作が起こり、発作は医師による静脈内投与によりできるだけ早く止めなければなりません。ワクチン接種は考えられる誘発因子と考えられています。

娘は20回以上復活した
イギリスのメディアによると、25歳のサマンサスロクームと南西イングランド出身の夫のマイケルは、3歳の娘のペイジを20回以上復活させなければなりませんでした。少女は、まれな重度のてんかんである、いわゆるドラベット症候群に苦しんでいます。

最初は健康な子供のてんかん発作
この形のてんかんの場合、「最初は健康な子供は、最初の1年の過程でてんかん発作を経験します。これは通常、発熱によって引き起こされます。彼らはしばしば、腕、脚、顔の筋肉の激しいリズミカルなけいれんや、四肢や体幹の硬直を、意識喪失と相まって、「北ドイツてんかんネットワーク」のウェブサイトに書いています。

可能なトリガーとしてのワクチン接種
SCN1A遺伝子の変異が多くの子供たちの原因であることが判明しました。しかし、ワクチン接種もまた可能性のある誘因と考えられています。ミュンヘンのバイエルン州社会裁判所(LSG)は、ほんの数か月前に初めてドラベート症候群をワクチンの損傷として認識しました。

発作は20分以上続くことが多く、緊急の投薬でさえ成功につながるとは限らないため、緊急の医療介入が非常に頻繁に必要になります。だから少しペイジとも。

7か月での最初の攻撃
少女は、生後7か月のときに初めて入浴し、入浴しました。 「何が起こっているのか私にはわからなかった」と彼女の母親は語った。 「私はこれまで発作を見たことがありませんでした。 2013年12月のその夜、少女は1時間以上続いた別の攻撃を受けました。

彼女は病院に行かなければなりませんでした。 「見るのはひどかった。私はとてもパニックになり、体調不良でした」と母親は思い起こしました。彼女が子供と一緒に診療所を出ることができたのは、5日後のことでした。

両親は娘に生気がなく、薄い死体を見つける
しかし、それは良くなりませんでした。約2か月後、サマンサスロコムは「奇妙な音」を聞き、彼女の娘は彼女のベッドで「生気がなく、青い唇と薄い死体」を見つけました。新聞の報道によると、両親は少しペイジを復活させることができました。最後になってはいけません。

病院では、医師たちはようやく「ドラベ症候群」と診断し、どこにいてもそれ以来持っていた蘇生装置を両親に装着しました。さらに、彼らは彼らの娘と特別な栄養計画に従わなければなりません。専門家によると、病気がどのように発症するかを予測することは最初は不可能です。 (広告)

著者および出典情報



ビデオ: #5 子供の言葉はこの方法で必ず出ます小児の言語訓練 (六月 2022).