ニュース

アロマテラピーで確認:バナナとアプリコットの香りが気管支を広げます

アロマテラピーで確認:バナナとアプリコットの香りが気管支を広げます



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

気管支で発見された嗅覚受容体

研究者たちは、ヒトの気管支の筋肉細胞にある2種類の嗅覚受容体を発見しました。正しい香りがこれらの受容体を活性化する場合、気管支は拡張または収縮します-喘息治療への潜在的なアプローチ。教授が率いるチームハビルハンスハットと博士細胞生理学のボーフムチェアからベンジャミンカルベ。

バナナアプリコットの香りが気管支を拡張
筋肉細胞で新しく発見された受容体は、OR2AG1およびOR1D2と呼ばれます。研究者はまた、嗅覚受容体と一致する香りと、細胞内でそれらを誘発するシグナル伝達経路を特定しました。

バナナとアプリコットの香りがするフルーティーな香りのアミルブチレートは、OR2AG1受容体を活性化します。香りを結び、気管支をリラックスさせて拡張します。実験では効果が非常に強いため、ヒスタミンの効果を中和することができました。体はアレルギー性喘息でこの物質を放出し、気管支を狭くします。

喘息治療への取り組み
「アクリル酸酪酸は喘息の空気供給を改善するのに役立ちます」とハンスハットは結論付けています。 「おそらく、それはヒスタミンの影響だけでなく、呼吸を妨げる他のアレルゲンの影響も打ち消すことができます。」受容体は、慢性閉塞性肺疾患などの他の疾患の治療にも興味深いかもしれません。

研究者らはまた、アミルブチレートが、鼻の嗅覚細胞と同じように筋細胞でも同じシグナル伝達経路を誘発することを示しました。

反対の効果を持つ2番目の受容体
2番目の受容体OR1D2は、ユリやブルジョウなど、フローラルで油っぽい香りの香りを受け入れます。香りが受容体に結合すると、OR2AG1受容体の場合とは逆に、気管支筋が収縮します。炎症性物質も細胞内に放出されます。あなたはここで研究を見つけることができます。 (午後)

著者および出典情報



ビデオ: アロマTV本当はすごいグレープフルーツ精油 (八月 2022).