ニュース

年金費用に対するより高い減税の権利なし

年金費用に対するより高い減税の権利なし


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

連邦憲法裁判所:退職後のみ検査が可能

納税者が彼らの退職規定に関連して二重課税を恐れるならば、彼らは年金受給者として憲法の下でこれをチェックすることができるだけです。 2016年7月20日水曜日に発表された2つの判決により、カールスルーエの連邦憲法裁判所は、アクティブな勤務期間中の年金費用の課税に対する控訴を却下しました(ファイル番号:2 BvR 290/10および2 BvR 323/10)。

最初のケースでは、従業員が法定年金保険制度への拠出金の課税に対して訴訟を起こしました。 2番目のケースでは、フリーランスの税務コンサルタントが、プロの年金制度への彼の貢献を「予想される広告費用」として非課税のままにしたいと考えました。

どちらも二重課税を恐れている。彼らが退職年齢のために課税所得を節約し、それが後で支払われたときに所得として再び課税した場合は、そうなります。

その背景は、2002年3月6日の連邦憲法裁判所による判決です。当時、公務員の年金と法定およびその他の年金の支払いの不平等な扱いに対する批判がありました(ファイル番号:2 BvL 17/99)。

議員はこれに2004年7月5日の退職所得法で対応した。公務員の年金の課税は留保された。法定年金と自営業者の専門的ケアの場合、いわゆる上流から下流への課税への変更は、2040年までにいくつかの段階で行われます。これは、年金の増加する割合が、2040年から完全に支払われたときに「後で」課税されることを意味します。その見返りとして、法定年金保険またはその他の年金制度への拠出の割合の増加が課税所得から控除されます。この点で、年金拠出金は課税所得から支払われなくなるため、「上流」課税は免除されます。

連邦憲法裁判所はすでに、2004年に批判された不平等な扱いが移行段階で続くことが必要であり、したがって憲法上異議のないことを決定しました(2015年9月29日および30日の決定、ファイル番号:2 BvR 1066 / 10、2 BvR 1961 / 10および2 BvR 2683/11; 2015年12月1日からのJurAgentur通知)。

連邦憲法裁判所はその新しい決定とともに、二重課税が発生しない限り、移行フェーズでは他の不平等な扱いも受け入れられるべきであると裁定しました。

一般的に、これは今日の年金費用を免除するだけでなく、将来の年金支払いを免除することによっても達成できます。したがって、上流と下流の課税はそれに応じて調整する必要があります。 「(したがって)二重課税の禁止は、開発段階での拠出金の特定の控除を認めない。」

二重課税は、特に2039年から2043年まで退職する就労者に対して考えられます。ただし、これが発生するかどうかは常に個々のケースに依存します。したがって、体質検査は定年にしかできない。

さらに、カールスルーエの裁判官は、配偶者および生命パートナーに対して、年金費用の上流税控除の上限を年間2万ユーロおよび4万ユーロに制限することを確認しました。連邦議会は虐待を回避してこれを正当化し、連邦憲法裁判所は2016年6月14日の現在公表されている決議で判決を下しました。mwo/ fle

著者および出典情報



ビデオ: 65歳からもらう年金 経過的加算とは一体なんのこと (六月 2022).