ニュース

研究:石炭火力発電所からの大気汚染がヨーロッパで数千人の死を引き起こす

研究:石炭火力発電所からの大気汚染がヨーロッパで数千人の死を引き起こす


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

大気汚染:石炭火力発電所によるヨーロッパでの数千人の死者
大気汚染は世界中の多くの人々に多大な健康リスクをもたらし、この国でも状況はしばしば劇的です。石炭発電所はこれのせいです。新しい研究によると、ドイツの発電所からの汚染物質は何千人もの死者を出している。

大気汚染は健康被害です
大気汚染が高い健康リスクと関連していることは長い間知られています。 The Lancet Neurology誌に掲載された最近の研究では、大気汚染により脳卒中のリスクが大幅に増加することが示されています。動脈硬化(動脈硬化)やその他の肺などの疾患のリスクも高まります。人口に重大な健康リスクがあるのは、もはやアジアの大都市だけではありません。私たちの緯度でも、状況はしばしば劇的です。過去1年間、オーストリアの研究者たちは、将来的に最大の細かい粉塵汚染があるヨーロッパの都市を計算しました。シュトゥットガルトもその1つです。新しい研究によると、ドイツの石炭火力発電所はヨーロッパで致命的な大気汚染の主要な原因です。

ドイツの発電所も近隣諸国にとって危険
ドイツの発電所の煙突から来るものは、明らかに近隣諸国にとっても危険です。 「ヨーロッパの暗い雲」と題された調査によると、汚染物質は他のヨーロッパ諸国で数千人の死の原因となっています。著者によると、2013年には全国で合計2,500人以上の早期死亡がありました。イタリアでは、汚染された空気の影響により、同じ年に約1,600人が亡くなり、フランスでは1,300人以上が亡くなりました。ヨーロッパには約23,000人がいた。ドイツはまた、自国で発生した大気汚染に加えて、近隣諸国から汚れた空気のほとんどを得ています。

安価なエネルギー源の神話
この研究は、アライアンス保健環境アライアンス(HEAL)、WWF環境財団、気候変動対策ネットワーク(CAN)、および英国のシンクタンクサンドバッグが関与する非政府組織のヨーロッパ全体のネットワークによって発表されました。調査では、ヨーロッパの280のヨーロッパの石炭火力発電所のうち257のデータが評価されました。 HEALのディレクター、アンスタウファーは、調査は石炭エネルギーへの信頼がヨーロッパ人の健康にどれほどの害を及ぼすかを示していると述べた。 「また、石炭は安価なエネルギー源であるという神話を覆した」と彼女はメッセージで述べた。ヨーロッパの医療制度によれば、大気汚染の結果、死亡、心臓および肺の疾患により、最大623億ユーロのコストが発生しています。

発電所をシャットダウンする必要があります
情報によると、ポーランドはドイツよりも石炭火力発電所からの微粉塵やその他の汚染物質の越境排出で先行していた。 2013年の大気汚染により、4,500人以上が亡くなりました。ほんの数か月前、厳しい水銀制限が適用される場合、すべてのドイツの石炭火力発電所をグリッドから外さなければならないという専門家の意見が出されました。ドイツの発電所の水銀排出量は年間約7トンです。 (広告)

著者および出典情報



ビデオ: 日本政府 石炭火力発電所の大半を休廃止へ (かもしれません 2022).