ニュース

差し迫った網膜の損傷:糖尿病患者は2年ごとに目の検査を受ける必要があります

差し迫った網膜の損傷:糖尿病患者は2年ごとに目の検査を受ける必要があります


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

糖尿病の人は2年ごとに眼科医に診てもらうべきです

血糖値が恒久的に上昇すると、網膜の細い血管が損傷する可能性があります。したがって、糖尿病患者は定期的に眼科医に診てもらう必要があります。

糖尿病は多くの合併症を引き起こす可能性があります

専門家によると、約700万人の糖尿病患者がドイツに住んでいます。この疾患は代謝に深刻な影響を与えるだけでなく、多くの二次疾患を引き起こす可能性もあります。糖尿病は、多くの場合、長期にわたって心血管系の疾患を引き起こします。神経系も影響を受けます。足の供給神経は特に損傷を受けることが多く、これは影響を受ける人々がいわゆる糖尿病性足を発症する原因となり得る。失明につながる可能性のある眼疾患も、糖尿病の典型的な合併症です。そのため、影響を受ける人は定期的に目を確認する必要があります。

診断後すぐに眼科医に

2型糖尿病の人は、診断後すぐに眼科医と面会する必要があります。雑誌「Diabetes Ratgeber」は、最新版(2018年8月)で推奨しています。

血糖値が高すぎると、目の網膜が損傷することがあります。

専門家によると、目は少なくとも2年ごとにチェックする必要があります。他の専門家はたった1年の間隔を勧めます。

1型糖尿病患者の場合、5年目から少なくとも2年ごとに眼科医に相談することをお勧めします。

時間内に予定を管理する

都合の良い時間に予約することをお勧めします。患者は期日の約3か月前に診療室に電話する必要があります。

緊急の場合には、かかりつけの医師が時々眼科医との面会をより迅速に受けるのを助けることができます。

法定健康保険組合の予約窓口に連絡することもできます。彼らは4週間以内に約束を手配する義務があります。ただし、医師を選択することはできません。 (広告)

著者および出典情報



ビデオ: 糖尿病網膜症失明を防ぐために (かもしれません 2022).