ニュース

多発性硬化症:羊投与の有効成分が再発を軽減

多発性硬化症:羊投与の有効成分が再発を軽減


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

Carstens Foundationは、多発性硬化症(MS)患者の発作の頻度と脳病変の発生に対するノコギリソウ抽出物の影響を調べたイランの研究について報告しています。両方とも植物抽出物を摂取することで明らかに減らすことができます。

MS患者の再発期に起こる炎症性事象は、脳または脊髄領域に病変を引き起こします。デフォルトでは、患者は免疫調節療法で治療され、さらなる神経障害を回避します。この療法は常に成功につながるわけではありません。

イランの科学者たちは現在、ノコギリソウ(Achillea millefolium)からの抽出物を使用したハーブ療法が、標準的な療法と並行してその効果を高めることができるかどうかを調査しました。研究は1年以上続いた。この研究では、多発性硬化症を寛解させる75人の患者をランダムに3つのグループに分けました。最初のグループの被験者は250 mg /日のアキレアエキスを投与され、2番目のグループの被験者は500 mg /日のアキレアエキスと3番目のグループのプラセボを投与されました。

アキレア抽出物には、0.28 mg / gのルテオリンと1.58 mg / gのアピゲニンの両方が含まれていました。

平均して、2つのverumグループの被験者は、再発による苦痛が有意に少なかった。最初の再発までの時間は、プラセボ群よりもベラム群で長かった。高用量の抽出物は、低用量およびプラセボ製剤と比較して、再発のリスクと病変の発生量を大幅に低減しました。神経心理学的検査の結果では、アキレア抽出物もプラセボよりも優れていました。これはまた、認知パフォーマンスと実行機能の管理(例:戦略的行動計画)にも適用されました。さらに、Verumグループの被験者は抑うつ気分に苦しむことが少なかった。ソース。カルステンス財団

著者および出典情報


ビデオ: 難病患者のリアル 多発性硬化症 (かもしれません 2022).