ニュース

髄膜炎菌:髄膜炎を引き起こす病原体

髄膜炎菌:髄膜炎を引き起こす病原体



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

髄膜炎:ヨーロッパにおける髄膜炎菌性W病の増加

髄膜炎菌性疾患は現在、ドイツでは非常にまれです。それにもかかわらず、この国では危険な細菌による死が常にあります。さらに、専門家は現在、ヨーロッパ諸国でしばらくの間髄膜炎菌W感染が増加していることを指摘しています。これらはしばしば致命的となる可能性があります。

細菌は通常、飛沫感染によって伝染します

髄膜炎菌は人間の上咽頭に定着する細菌で、Robert Koch Institute(RKI)によれば、人口の約10%で臨床症状なしに検出されます。それらは最も一般的に飛沫感染によって伝染します。話したり、咳をしたり、くしゃみをしたりするとき、細菌は鼻咽頭から小さな液滴で空気中に逃げ、短い距離から吸入されます。とりわけ、病原体は細菌性髄膜炎を引き起こす可能性があります。これはまれですが危険です。しばらくの間、髄膜炎菌感染症は、以前は主にアフリカから知られていた血清型によってヨーロッパで引き起こされてきました。

血清型Wによる感染の増加

旅行医学のCRMセンターがメッセージで説明しているように、危険な髄膜炎の原因物質である髄膜炎菌のタイプの髄膜炎菌は、12の異なる血清型で世界中で発生しています。

ヨーロッパでは、伝統的に血清型BおよびCが優勢です。数年前までは、サハラ以南のアフリカのいわゆる髄膜炎帯で血清型Aが優勢でしたが、今では明らかにW型が優勢です。

しばらくの間、オランダやイギリスなどのヨーロッパのさまざまな国で、血清型Wによる感染が増加しています。

専門家によると、「MenW」は、ほとんどの場合致命的である髄膜炎菌感染症の1つです。

旅行医学のためのCRMセンターは、髄膜炎菌に対して可能な限り包括的なワクチン接種をすべき旅行者、特に交換留学生と学生に助言します。研究所は現在予防可能なすべての血清群A、B、C、WおよびYに対する免疫保護を推奨しています。

タイプBおよびCの髄膜炎菌はドイツで特に一般的です

情報によると、今年の最初の5か月で57人がオランダでW型髄膜炎を発症し、11人が感染症で死亡しました。

これは、このタイプの病原体によって引き起こされる感染症の数が、2017年の総数をすでに上回っており、これも驚くほど高いことを意味します。

この増加に対応して、オランダ政府は昨年、A、C、W、およびYの血清型に対する混合ワクチンで幼児と小学生を保護するためのワクチン接種を行うことを決定しました。

「数年前にこの血清型の増加が顕著であったイギリスでは、4年前のワクチン接種が2年半前に州の予防接種プログラムに含まれていました」とCRMの科学ディレクターであるTomas Jelinek教授は説明します。

そこで彼は、C型髄膜炎菌に対する単一のワクチンを取り替えたが、ドイツでは、C型髄膜炎菌に対するワクチン接種のみが、常設ワクチン接種委員会(STIKO)のワクチン接種カレンダーでまだ計画されている。

この国では、B型とC型の髄膜炎菌が特に一般的です。発生率は2003年以降減少しています。 2017年、ロバートコッホインスティテュート(RKI)は288例を登録しました; 70%以上が髄膜炎菌Bの感染症でした。

感染症はしばしば血液中毒や髄膜炎につながります

髄膜炎菌は飛沫感染によって伝染し、基本的に2つの異なる臨床像を引き起こす可能性があります:

名を冠した髄膜炎(髄膜炎)と血液中毒(敗血症)。 「どちらの病気も非常に急速に発症し、致命的になる可能性があります」とJelinekは言います。

したがって、医師にできるだけ早く相談し、抗生物質治療を開始する必要があります。

問題は、発熱、疲労、吐き気などの典型的な症状はかなり明確ではなく、インフルエンザや重度の風邪に似ていることです。

「髄膜炎の警報信号は、首がこわばり、光に強く、時には発作を起こす」とJelinek氏は説明する。

一方、敗血症は体の痛み、急速で浅い呼吸、青白いしみのある皮膚で顕著です。斑点は小さな出血によって引き起こされ、通常の発疹とは異なり、「押し流す」ことはできません。

髄膜炎菌感染症は、治療にもかかわらず致命的となる可能性があります。たとえば、8歳の子供は、数か月前にヘッセンで病気で亡くなりました。

さらに、一部の生存者は、難聴、学習不足、またはその他の認知問題などの長期的な影響に苦しんでいます。

すべての年齢の感染症

専門家によると、髄膜炎菌感染症はあらゆる年齢で発生する可能性がありますが、特に2つの年齢層で一般的です。主に1歳と2歳の子供と15〜19歳の青年が罹患しています。

25歳を超えると、特別な危険因子がない限り、この疾患はまれになる傾向があります。

「潜伏期間は通常3〜4日ですが、2〜10日になることもあります」とRKIは書いています。

特に若い旅行者のための包括的なワクチン接種保護

旅行医学のCRMセンターは、特に若い旅行者に、髄膜炎菌に対するワクチン接種に対して最大限の保護を提供するようにアドバイスしています。

研究所は、現在予防可能なすべての血清群A、B、C、WおよびYに対する免疫保護を推奨しています。

これは、25歳までの旅行者にとって特に重要です。特に地元の人々と密接に連絡を取り合っている場合や、共有の宿泊施設で夜を過ごす場合は特に重要です。

これは特に交換留学生に影響を与えます。髄膜炎菌に感染するリスクは、このグループで特に高いです。 (広告)

著者および出典情報


ビデオ: 髄膜炎はこれで見抜ける訂正 243 感度が低い  特異度が低い申し訳ございません (八月 2022).