ニュース

健康リスク:ハーブティーに含まれる危険な植物毒

健康リスク:ハーブティーに含まれる危険な植物毒


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

植物毒素で汚染された有名なメーカーのハーブティーとカモミールティー

専門家は何年もの間ハーブティーのサプライヤーにハーブティーやお茶の生産のために植物を栽培し収穫する際により細心の注意を払うように求めてきましたが、危険な植物毒はお茶で繰り返し検出されます。だから北ドイツのラジオの現在の研究でも。

汚染物質を含むハーブティー

連邦リスク評価研究所(BfR)は、ここ数年、ハーブティーのサプライヤーに、ハーブティーとお茶の生産のための植物の栽培と収穫に注意を払うよう呼びかけています。それにもかかわらず、常に次のような見出しがあります:汚染物質で汚染された多くのカモミールとハーブティー、発癌性物質で汚染されたオーガニックハーブベビーティー、または:紅茶に含まれる有害物質。 Norddeutscher Rundfunk(NDR)による最近の調査によると、有名なメーカーのハーブティーとカモミールティーは植物毒素で部分的に汚染されています。

健康に有害と分類される

「有名なメーカーのハーブティーは、その摂取量が健康に有害であると分類されるほどに植物毒素で部分的に汚染されています」とNDRのウェブサイトに書いています。

これは、NDR消費者向け雑誌「Markt」によって調査およびサンプリングされています。

サンプル中のスーパーマーケットやディスカウント店からの13の一般的なハーブティーとカモミールティーの6つのラボ分析によると、いわゆるピロリジジンアルカロイド(PA)が発見されました。

これらの物質は、肝臓の損傷や肝がんを引き起こす可能性があります。

変異原性および発がん性の影響

「PAは植物が捕食者を追い払うために作る二次成分です。それらは肝臓に損傷を与え、動物実験で変異原性および発がん性の影響を示したため、食品には望ましくありません」と連邦リスク評価研究所(BfR)は声明で述べています。

「ルイボス茶、紅茶、緑茶、蜂蜜など、PAで汚染されたハーブティーは、消費者がPAを摂取できる主な情報源です。これらの食品に含まれるPAの量は、子供たちと大人の両方が長期間(慢性的に)摂取されると、健康を脅かす可能性があります」と述べています。

NDRによると、キール大学毒物学研究所のEdmund Maser教授は、「最小量で癌を引き起こすのに十分である可能性がある」と述べています。

毒物学者は、お茶を含むすべての食品にPAが含まれていないことを要求します。

情報によると、毒は雑草に含まれています。雑草はお茶のハーブの間で成長し、収穫とともにお茶に入る可能性があります。

法的制限なし

食品中のPAには法的な制限はありませんが、BfRは最大摂取量を計算しています。体重70キログラムの成人で1日あたり0.49マイクログラムです。

ただし、「Markt」から委託された研究所は、リットルあたり最大1.7マイクログラムPAの測定値を測定しました。

大量のお茶を飲めば、後で最大摂取量に達していたでしょう。

3つのペパーミントティーと3つのハーブブレンドが検査されました

NDRによると、関係会社は結果に直面したときに異なる反応を示しました。

一部の企業は法的制限はないことを示し、他の企業は彼らがすでに彼らのお茶の最小化の概念を追求していると述べました。

3つのペパーミントティーと3つのハーブブレンドが検査されました。 Reweによるペパーミント、ティーポットによる「ミント」、Aldiによるウェストミンスターペパーミント、Edekaによる「クロスターハーブミックス」、Messmerによる「ピュアハーブスパイシーフレッシュ」、Lidlによる「ロードネルソン6ハーブ」。 (広告)

著者および出典情報


ビデオ: 猛毒を持つ10の花 (六月 2022).