ニュース

がんの原因:離乳食中の発がん性ヒ素のフードウォッチ警告

がんの原因:離乳食中の発がん性ヒ素のフードウォッチ警告



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

フードウォッチ:米から作られた離乳食は発がん性ヒ素で汚染されていることが多い

専門家は何度も、食品中のヒ素による健康被害の可能性を指摘しています。発がん性物質は主に米製品に含まれています。消費者団体Foodwatchはまた、最近の調査で、赤ちゃん用の米フレークと米ワッフルがしばしばヒ素で過度に汚染されていることを発見しました。

食品中のヒ素

健康の専門家は、何年もの間、私たちの食物中のヒ素について警告してきました。危険物はすでにドイツビールで発見されています。とりわけ、米や米製品には多くの場合ヒ素が多く含まれています。これは、Foodwatchによる新しい調査でも示されています。赤ちゃん用の米フレークと米ウエハースの実験室試験で、消費者団体は検査したすべてのサンプルで発癌性ヒ素を検出しました。

検査したすべての製品で無機ヒ素が見つかりました

Foodwatchは、Alnatura、Bebivita、dm、Hipp、Holle、Rossmann、Sunvalの18の米製品をテストしました。

調査したすべてのサンプルで、ベビーフード用の5つのフレーク製品と「8か月目以降」の赤ちゃん向けに販売されている13のライスワッフルには、無機ヒ素が含まれていました。

消費者団体がメッセージで書いたように、いくつかは他のものよりも著しくより強調されました:

たとえば、製造元Holleの「オーガニックベビーポリッジライスフレーク」のサンプルには、Sunvalの「Sun Babyオーガニックライスポリッジ」のほぼ4倍のヒ素が含まれていました。

「Hippアップルライスワッフル」は、Hipp子会社のBebivitaの「アップルマンゴーライスワッフル」のほぼ3倍の重さでした。

すべてのテスト結果はここにあります。

ストレスを完全に回避することはできません

米ではヒ素汚染を完全に回避することはできませんが、Foodwatchによると、明確な違いは汚染を最小限に抑えることはメーカー次第であることを示しています。

「赤ちゃんや幼児は、無機ヒ素などの発がん性物質からできるだけ保護する必要があります」とFoodwatchのJohannes Heegは言います。

「ヒ素レベルを不可避の最小値に減らすことは離乳食メーカーの責任です。一部の製品に他の製品の3〜4倍のヒ素が含まれていることは許容できません。

ヒ素の健康リスク

フードウォッチが背景紙で説明しているように、無機ヒ素は発がん性があります。

連邦リスク評価研究所(BfR)はまた、次のように説明しています。

健康専門家によると、軽度のヒ素中毒は、けいれん、腹痛、吐き気、下痢、さらには成人の腎不全などの症状を引き起こす可能性もあります。子供にとってはさらに危険です。

コメではヒ素を完全に回避することはできないため、BfRは製造業者が負担をできるだけ低く抑えるべきであると考えています。

研究所は、親が餅やお粥などの米食品を適度にのみ食べ、無米製品と交互にすることを推奨しています。フードウォッチは、BfRの推奨摂取量をパッケージで知らせるようメーカーに求めました。

英国の米製品はヒ素の含有量が少ない

欧州連合は、米および特定の米製品中の無機ヒ素の制限値を規定しています。

「幼児および幼児向けの食品の生産を目的とした米には、最大0.1 mg / kgの無機ヒ素が含まれている可能性があります」とFoodwatchのウェブサイトは述べています。

消費者団体によって調査された製品のいくつかはより重いものでした。

「米から作られたベビーフードはドイツでは不必要な健康被害です」とフードウォッチに代わってテストを実施したクイーンズ大学ベルファストのグローバルフードセーフティ研究所のアンドリューメハーグ教授は言った。

「低い値を使用することも可能です。英国市場では、ベビーライス製品のヒ素レベルは非常に低くなっています。ドイツのメーカーが同じくらい低い価値を達成できてはならない理由はありません。」

ヒ素は地球の地殻に自然に存在します。ヒ素は地下水を経由して飲料水に入り、植物に吸収されます。米はヒ素をたくさん吸収します。 (広告)

著者および出典情報


ビデオ: 感染増で医療危機感離島でもクラスター拡大200724 (八月 2022).