ニュース

ワクチン接種委員会はインフルエンザ予防のための推奨事項を変更します

ワクチン接種委員会はインフルエンザ予防のための推奨事項を変更します


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

常設ワクチン接種委員会のインフルエンザ勧告が更新されました

ロバートコッホインスティテュート(RKI)の常設ワクチン接種委員会(STIKO)は、以前のインフルエンザワクチン接種勧告を更新しています。専門家たちは現在、4種類のインフルエンザウイルスを防御するワクチンを提唱しています。

感染防止

毎年何千人ものドイツ人がインフルエンザ(インフルエンザ)にかかっています。感染症から身を守るためには、一般に免疫システムを強化し、病気から遠ざけ、定期的に手を洗うことをお勧めします。予防は、特に深刻な病気のリスクが高い人々のために、ロバートコッホ研究所(RKI)の常設ワクチン接種委員会(STIKO)によって推奨されているインフルエンザ予防接種によっても提供されます。 STIKOは以前のワクチン接種の推奨を更新しました。

法的被保険者は現在三相ワクチンを受けています

「常設予防接種委員会(STIKO)は、そのインフルエンザ予防接種の推奨事項を指定し、季節性インフルエンザに対する予防接種のために、WHO(世界保健機関)が推奨する現在の抗原の組み合わせを含む4価インフルエンザワクチンを推奨しています」とRKIからのメッセージは述べています。

このワクチンは、4つのウイルスバリアントを防御すると言われています。専門家委員会は11月中旬の変更について決定した。これまでのところ、法定健康保険に加入している人は、一般的に安価な3点ワクチンを受けています。

しかし、アップデートはおそらく、来たるインフルエンザの季節にのみ影響を与えるでしょう。

理由:「STIKOの推奨事項は、疫学速報02/2018の関連する科学的根拠の公開から適用されます」と専門家に書いてください。

また、「連邦合同委員会(G-BA)は、発効後3か月以内にSTIKO勧告を変更することを決定します。」

情報によると、「インフルエンザワクチン接種に推奨されるこのタイプのワクチンを強制給付としてワクチン接種指令に含めるかどうか」は、この決定に依存しています。

次に、4種ワクチンが現金給付になるかどうかは明らかです。

リスクグループに対するワクチン接種の推奨

言われているように、この勧告はSTIKOが季節性インフルエンザワクチン接種を推奨しているすべての人に適用されます。これらは主に60歳以上の人々、慢性疾患のある妊婦です。

呼吸器の慢性疾患、代謝性疾患、肝臓、腎臓、心臓、循環器系疾患など、既存の病気による健康へのリスクが高い人々も、ワクチン接種が推奨されるリスクグループに属しています。

さらに、免疫不全の人、HIV感染症、および多くの人との接触により感染のリスクが高い人は、ワクチン接種の保護について考える必要があります。

ただし、急性感染症または熱性疾患に苦しむ患者は、回復した後にのみワクチン接種する必要があります。

最終的には、インフルエンザの予防接種が理にかなっているかどうか、誰もが自分で判断する必要があります。 (広告)

著者および出典情報



ビデオ: 今年は早いインフルエンザ予防の基本 (六月 2022).